2010年08月26日

いとう:きわみラーメン(ハワイ・ホノルル)

>それにしてもここ数日暑いですね。
>伊藤さんはバカンスからもう帰って来たころでしょうか。

バカンスではなく仕事なんですが(笑)、2週間弱ハワイに行っておりました。
この時期のハワイは、間違いなく避暑地ですよね。
仕事はずっと炎天下でキツいんだけど、ハワイの超快適な気候に慣れた身体は、東京の暑さになかなか馴染まず、未だつらいです。

さとなおさんが紹介されたご当地名物の鍋焼きラーメン、読めば読むほどフシギな食べ物だなあ。例えば極寒の地ならなんとなくわかるものの南国高知の田舎で生まれだといいますし。
出前で冷めないのはありがたいけど、出前もちは重かったでしようねえ。
これって、味噌煮込みうどんのように、厨房にはコンロがずらっと並んでいるんですか?。それはそれで効率悪そうだ。

ではぼくは、同じラーメン繋がりで、ハワイのラーメン店「きわみラーメン」を紹介してみたいと思います。ハワイは常夏ではありますが、東京よりばずっと涼しく空気も乾燥しているので、身体は意外とスープを欲するんですね。

ベトナム麺のフォーの店が意外とありますし、日本の焼肉店で食べるものとは異なる独特のテールスープもすっかりローカルフードとして定着しています。
また、日本のラーメンに近い「サイミン」と呼ばれるスープ麺もあり、地元のローカル食堂や現地のマクドナルドでも食べることができます。ただ「サイミン」は、どうしたらあんなに柔らかくなるんだろうと首を捻るぐらい麺かふにゅふにゃで、バリカタ好きの日本人にはちょっとオススメしにくい感じ。

ランチタイムに、仕事のスタッフをホノルルの人気店「サムチョイズ」に連れて行ったら、そこにサイミンのメニューを見つけ、こっちのラーメンだよと教えたところ、皆面白がってそれを頼んだんです。すると、熱いはずの麺なのに、冷やしソーメンのガラスの鉢に入って出てくるわ、一応温かいんだけど生ぬるいわ、麺は想像通りふにゃふにゃで、笑いは取ったもののメチャ不評でした。

で、別の機会に、キチンとおいしいラーメンを食べさせようと連れて行ったのが、今回紹介する「きわみラーメン」です。ここは、ワイキキの目抜き通りのど真ん中。ぼくには全く縁のないデューティフリー(免税店)のデカイビルの隣り、ワイキキショッピングプラザの地下という、抜群の場所にあります。
(聞くところによると、家賃は銀座より高いらしい)

ハワイにも日本から進出しているラーメン店はいくつかあって、「えぞ菊」、「めんちゃんこ亭」などがよく知られていますが、「きわみラーメン」は、ラーメン好きの日本人がハワイで独自に起業したラーメン店。

ハワイでのラーメンとなると、発汗で失った塩分を吸収すべく味の濃いものを想像しがち。でも日本に比べるとハワイでは全く汗をかかないので、ハワイの食べ物は意外と塩が控えめなものが多いのです。

「きわみラーメン」は、きわみというだけあって、スープも麺もトッピングも究極まで研ぎ澄ませた感じ。塩は抑え目で逆にスープの旨味はタップリの優しい味わい。誤解を恐れず東京で例えるなら「天神下大喜」とか「かづ屋」といった系統かな。東京にあったとしても確実に行列店だなと確信するテイストなんです。

中でもハワイアンソルトを使った梅塩ラーメンは、ハードな仕事や飲みすぎた翌日に最高。日本に支店ができないかなあ。


posted by 伊藤章良 at 23:44| ラーメン・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。