2009年08月28日

いとう:しゅうご(神楽坂)

>これはある高級繁華街での話ですが、その地域一安い居酒屋
>というところに行きました。

先日繁華街を歩いていたら、生ビール290円という貼紙を見つけました。もしかしてココかあ・・・とか、一瞬(笑。

では、ぼくも後味の悪い店を続けます。トータルとして決して悪い店ではなかったので店名は伏せずにいきます。

先日、都立大学にある中国料理「わさ」を紹介しました。ぼくの文章にもかなり熱が入っていたのか、読んでリピートしてくださった方も多く、概ね好評をいただいてます。

で、その「わさ」の店主Y氏からぜひ行ってみてくださいと紹介されたイタリア料理店「しゅうご」。これは行かねばと、たまたま飯田橋界隈で所用があったときに早速訪問。

地域は神楽坂と言えますが、いわゆる「らしい」エリアからは外れていて、どちらかというと飯田橋からの延長線上みたいな意外な場所にあります。

下世話な通り沿いなんだけど、ロケーション的にもこんなところにイタリア料理店があるとは思えず、その驚きも含めプラスの印象。店内はカウンターとクロスのかからないテーブルが数卓。カウンターの奥に料理人が2人とソムリエ兼サービスの男性が1人。店内規模からすればギリギリの布陣でしょうか。

メニューを見ると、どれもリーズナブルでおいしそう。シェフはクラッティーニ系で修業をされたとY氏から聞いていて、パスタもバリエーション豊富で魅力に溢れ、修業先の定番ともいえる桃の冷製パスタもあります。

そして、運ばれてきたそれぞれの料理も決して悪くないんです。が、店自体の居心地がよくないというか、仕事が全体的に雑なんですね。
「わさ」のY氏が、度が過ぎるほど丁寧な仕事ぶりなので余計に感じたのかもしれません。

ワインを紹介してくださいと頼んだら、料理の価格帯とは釣り合わない高いものを一本だけ持ってきて、有無を言わさず抜こうとする。前菜からすごく時間があいてやっとパスタが出てきたと思ったら、すぐに次のパスタも運んできて、小さなテーブルがいっぱいに・・・等、もっと細かいことを挙げればキリがありません。

では、なぜ後味が悪かったか。
上記のような雑な対応は、それこそ店が混んでしまってどうしようもないときには(あまり許せることではないけど)ありがち。その都度でもチェックの時でも詫びればいいこと。

ところが、会計の際にぼくが「今回は「わさ」のYさんからぜひにと薦められて来たんですよ」と言うと、「えっ、だだだいじょうぶだったでしょうか・・・」と極端にうろたえた返答。つまり店側は、ぼくという客への対応が万全ではなかったと自覚されていたようなんです。

ぼくが紹介で来たと最後に話したのも悪いのですが、「ああ、しまったなあ・・・」みたいな顔をあからさまにされると、後味悪いですよね。

できれば、どんなお客様に対してでも全力で対応していただきたく願います。
posted by 伊藤章良 at 17:48| イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

さとなお:後味悪い店

伊藤さん、おかえりなさい。

>さらにひどいのは会計時。
>日本人には、必ずといっていいほどあらかじめチップを含めた金額のレシートを持ってきます。
>さらにタチが悪いのは、食事の価格に消費税を加えた合計からチップを算出してオンしてくる点。

そう言われればそういう店、多かったかなぁ(ほとんど無意識に払っちゃってたかもしれない)。
でも確かにそういうのって後味悪いですね。後で気がついたときなど最悪。店としては自衛策のつもりでしょうが(実際チップ払わない日本人まだまだ多いそうだし)、後で気がついちゃうと二度と行きたくなくなっちゃいます。

じゃ、ボクも「後味悪い店」の雑談を。

これはある高級繁華街での話ですが、その地域一安い居酒屋というところに行きました。
実際、店の前に立つと「生ビール290円!」とか書いてあるし、佇まいもいかにも安価っぽい。大不況という時節柄なかなかいいじゃん?と、友人と入りました。

で、中ジョッキは確かに290円でした。安い。ビール好きには福音のようなお店です。だって5杯飲んでも1450円ですからね。すばらしいと思います。学生さんには特にいい。だから一方的にこういう店の存在を責めるわけではありません。その繁華街では圧倒的に安いし。

ただ、やっぱり後味悪いんですね。
だって結局高くつくんです。何がって料理が。 この店、料理のコストパフォーマンスがとっても悪い。キャベツのざく切りなんか、キャベツを剥いて洗ってふたつに切って出しただけのものなんですが、これで500円とかとる。量も少ない。原価がわかるだけにちょっと哀しい。他の一品も哀しいくらいの味と量。小皿に少し盛ってあって500円とか600円とかとります。ビールに合わせてちょこちょこ料理を追加オーダーしているとあっという間にひとり5000円6000円行っちゃいます。

だから会計時に「騙された感」が来てしまう。
これって損だよなぁ、と。

もちろん店も儲けないといけないから、料理で儲けをとるのはわかります。でも、こんな後味だったら、生ビールをちょっと値上げして350円くらいにして、料理をもうちょっと値下げして、どちらも値頃感を出していった方がよいのになぁ。

もちろん、「生ビールばっかり飲む客」にはとてもいい店だし、「生ビール290円!」というのがある種の客寄せキャッチコピーであることは広告屋のボクは重々承知ですが、後味の悪さと比較したときに損ではないかなぁと。

ハワイの例もそうですが、客が不満を持ち帰るポイントっていうのがありますよね。それがあるだけで「イヤな店」に見えてしまうポイント。

まぁこの店の場合「生ビール290円ってだけでめちゃくちゃいい店!」という価値観もあると思うので名前は伏せておきます。ボクは二度と行かないと思うけど。つか、もうちょい料理をなんとかしてくれ。
posted by さとなお at 18:07| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

いとう:ワイキキのチップ事情

最近の夏の恒例ですが、ハワイにしばらく出張をしておりました。
更新遅くなってすみません。

さとなおさん含め(笑)、ハワイで仕事っていいですね、と毎回言われるんですが、野外イベントで強烈な日差しを浴びる上、今年は台風が襲来しスケジュールやアイテムの変更を余儀なくされるなど、ヘトヘトでした。

>そういうことがわかってきてから、日本各地の、その土地に
>根付いた店を訪ねるのが、もっと楽しくなりました。

さぬきうどんのころから、さとなおさんのそんな楽しみを密かに分けてもらってきたつもりですが、特に最近は全国にカケラが増え続けていますね。魚沼には、あるイベントの打ち上げで数ヶ月前に行ったばかり。「浦島屋」を知ってればなあと残念です。

ただ地方に行くと、観光客ネライの飲食店も多く存在するわけで、逆にそういった店に入って失望することもよくあります(カウンターの真ん中に大型テレビが置かれているトコロには観光客は来ないでしょうけど)。

地元民に愛されている店を見つけ出す嗅覚とネットワークはさすがですね。今後も各地に出かけるときはこっそり聞きますので教えてください。

さて、せっかくハワイに行っていたのでハワイの店を紹介しようと考えてみたものの、上記の流れを受けて少し雑談を。

ぼくは、ハワイに行ってもワイキキのレストランを訪れることはほとんどありません。ま、ワイキキにはうまい店がない、というのが単純な理由。しかし、さすがに彼らも考えたのか、最近ポツポツとワイキキから離れた場所で名を馳せた店のワイキキ姉妹店デビューが相次いでいます。

全米高級ステーキチェーンで、オアフ島ではホノルルのダウンタウンにあった「Ruth's Chris Steak House」や別荘エリアに本店があるハワイ料理の「Roy's」などがいい例。

ところが、日本人とみるや典型的な接客をしてくるのに毎度閉口します。

まず、日本のビール(当然輸入物なので高いです)やコース料理を勧める。で、アラカルトにするというとロブスターばかりを強調・・・。

さらにひどいのは会計時。
日本人には、必ずといっていいほどあらかじめチップを含めた金額のレシートを持ってきます。さらにタチが悪いのは、食事の価格に消費税を加えた合計からチップを算出してオンしてくる点。これは明らかにルール違反で、チップは本来飲食費の合計のみから計算すべき。

また、そもそもチップというのはスタッフの働きに対する御礼の気持ちをお金で表すもので、あらかじめ決められた日本のサービス料とは考え方が異なります。

日本人にはチップを払う習慣がないので彼らの自己防衛策と言われればつらいのですが、レシートを受け取ったらまずチップの有無を確認し二重に払わないように。そして、少なくとも消費税を含めた合計ではなく、飲食費のみからチップを算出するよう抗議すべきです。

現地在住の方にも確認しましたが、一度持ってきたレシートつき返し、チップが含まれていないものを改めて要求するのは、全く問題ありません。

ところで、ワイキキの「Ruth's Chris Steak House」はチョットがっかりだったなあ・・・。すごく高いし。ワイキキでステーキを食するなら、マイレスカイコートというホテル1階にある「Vits Hawaiian Steak House」をオススメします。10時からのカラオケタイムには驚きますが。

そうそう、この店でも税金を含めた合計にチップをオンしたレシートを渡されましたけど(汗。

posted by 伊藤章良 at 18:01| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

さとなお:浦島屋(新潟・魚沼)

>こちらの店のサイトを見てみると、実に創業30年なんですね。
>新橋の盛衰を見てこられた故の「答え」をきっとお持ちなのでしょう。

そうなんですよね。
店がある場所と客層。その客層の懐具合と店に求められているニーズ。それらを熟慮した上での食材や味つけや温度や献立。そこにご主人の腕と志向性が重なって、店には無限のバリエーションが生まれます。当然のこととはいえ、その辺のことがわかってきてから、「どこそこの店の方がうまい」「あの店に比べるとダメ」とかいう相対的な見方のナンセンスさがわかってきました。相対ではなく絶対なんですね、店って。

そういうことがわかってきてから、日本各地の、その土地に根付いた店を訪ねるのが、もっと楽しくなりました。
味だけ相対的に比べるなら、そりゃ東京の店の方がおいしいかもしれない。でも、そのジャンルで味の競争をしているわけではなく、その店にはその店のニーズと方向性があります。それらを嗅ぎ取って地元民に混じって食べることの楽しさよ。この楽しさを知ってしまうと、東京の土地性の薄いエリアの店がつまらなく見えてきます。

たとえば、先月末に新潟県の魚沼市の小出という小さな駅の「浦島屋」という割烹に行きました。

上越新幹線なら浦佐駅が近いかな。上越線小出駅。お米で有名な魚沼市にある駅です。
新潟で講演したあと、小出在住のメール友達(お医者さん夫婦)の誘いで立ち寄ったのですが、まぁそんなこともなければ一生降り立たないような、ローカル線の小さな駅です。

駅から程近いその割烹は、鄙にも稀な佳店でした。
もちろん東京の高い割烹とかと比べちゃうと、少しずつ何かが足りない。東京の南青山の宝飾店でバリバリに働いていたという女将さん(ハキハキした素晴らしい接客)もきっとそのことはわかっています。でも、相対的にではなく、絶対的に「佳店」。

たとえば「カウンターに座る地元の人たちが退屈しないように」と、カウンターの真ん前に大型液晶テレビがドンッと架けてあります。新潟のおいしいお酒と地元の食材に浸りたい旅人にとっては「なんだこのテレビは!」だと思います。せっかくのいい雰囲気(ちゃんとした割烹の雰囲気)もぶち壊しでしょう。

でも、それでいいんですね。それが「この店の今」であり「この土地の人々とこの店の志向性が交差して出来上がった唯一無二のカタチ」。そこを楽しめるか楽しめないかで店の印象はずいぶん変わってしまうことでしょう。

新潟が近いのと、小出にもなかなかいい魚市場があるとのことで、魚はとてもいいものが揃っていました。
海の物もとても良かったのですが、なんといっても小出は目の前に魚野川といういかにも美味しそうな川が流れています。季節柄ここで捕れた鮎が食べられたのはラッキーでした。鮎釣りをかなりやってきたボクなので多少は想像できますが、魚野川、相当いい鮎釣り川です。型も良いし香りも最上級。うるかまでいただき大満足。
他には「空豆と南蛮海老の天ぷら」がとっても美味でした。実に洗練された揚げ方。この一品でご主人のチカラがわかります。さすが。もっといろいろ食べてみたくなる店でした。

もちろん地元の日本酒もズラリと揃っています。どれもこれもうまかったけど、月並みながら、八海山の麓で飲む八海山はうまいなぁ。そうそう、この小出、八海山がとってもキレイに見えるとか。お医者さん夫婦はその景色が気に入って縁もゆかりもないこの土地にわざわざ開業したということでした。

またひとつ、近くまで行ったら立ち寄りたい店が出来ました。
その土地土地に「また行きたいなぁ」という店を得ることで、人生が大きく拡張していきます。ボクのカケラがポツリポツリと分布している感じ。最近はそれが特に楽しいですね。
posted by さとなお at 08:54| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

いとう:わこころ しらかわ(新橋)

>「豚に夢中」って、アラフィフのボクらにはちょっと入りにくい店名ですね。

まさにそうですね。ぼくがこの店に吸い寄せられた動機は、実は店主が浜松町「ひじり亭」の親戚であることを先に知っていた、からなんです。「ひじり亭」は、ぼくの中でも相当好きな居酒屋なので。

>新橋の割烹「以志井」です。

「以志井」ですか・・・、渋いなあ。ここは何度も前を通ることがあるし門構えも印象的なんですが、未だ入ったことがありません。というか、新橋で「以志井」に誘えるような友人とか先輩とかが見つかりそうにないなあ(笑。

こちらの店のサイトを見てみると、実に創業30年なんですね。新橋の盛衰を見てこられた故の「答え」をきっとお持ちなのでしょう。ではぼくは、そんな歴史ある割烹とは正反対、2009年7月新橋にオープンしたばかりの日本料理「わこころ しらかわ」を紹介します。

新橋といっても、浜松町に向かって歓楽街をしばらく歩き飲食店もまばらになってきたあたりで「わこころ しらかわ」は見つかります。以前あった店の名残なのか、外観や入口は少しチェーン居酒屋系の大仰な雰囲気があって「以志井」の燻し銀とは対極。チョット残念なんですが、店内は渋さを残したモダンな日本料理店とも形容できる落ち着いた仕上がり。ただ、こぢんまりした店内なのに段差が多く、客もそうですがお店の方も苦労されるだろうと少し心配。

メニューは、おそらくまだ試行錯誤の状況でしょうけど、ぼくが行ったときは、野菜をメインにした4000円台と、それに魚や肉を加えた6000円台のコース、そしてアラカルト。ぼくぐらいの大食漢だとコースでは少し足りないのでアラカルトを追加してちょうどぐらい。それでも納得の価格です。

お酒も日本酒・焼酎の標準的なものをリーズナブルに(お酒については、オープンしたばかりで、まだいろいろと取り揃えることができないんです、とご主人)。

カジュアルに肩肘張らず食べていただこうとの意図を垣間見るも、ダシの吟味から丁寧に取組まれた本格的な日本料理が楽しめます。ただ、コレも最近の流行りなのか、三浦半島の野菜や宮崎の地鶏といったブランド食材でコースのメリハリをつけようと意図した結果、逆にご主人の持ち味であるペーシックな日本料理からは尖りすぎてしまう傾向があります。特に、コース前半でウマイ野菜を香りの強い洋風ソースで食べさせるんだけど(その料理単体ならとてもおいしいですが)、ソースが強すぎて香りが口に残り、後半邪魔になるような気もしました。

でも、店全体から真摯なひたむきさがつたわってくるイイ店だし、ご主人は北新地の喜川で修業をされたとのことで、上野修三氏に和食の洗礼を受けたぼくとしては、ぜひ応援したいですね。

ランチもなかなかいいので、お近くの方はまずはランチからお試しください。
posted by 伊藤章良 at 18:41| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

さとなお:以志井(新橋)

「豚に夢中」って、アラフィフのボクらにはちょっと入りにくい店名ですね。ボクなら入るのためらうなぁ。いくら酒の品揃えが良くてもちょっと(品揃えがいい店、最近多いですしね)。

さて、何つながりにしようか迷って、いっそのこと「村祐」つながりにしようかと思ったけど、それも狭すぎるかと躊躇し、迷っているうちに日にちが経ってしまいました。すいません。で、ふと「あ、『い志井』つながりがあるじゃん!」と思い出したので、そのお店を。

新橋の割烹「以志井」です。
もちろん「もつ焼き・ホルモン系のい志井グループ」とは関係なし。字も一文字違いますね。たしかご主人が「石井さん」ゆえの店名だと思います。

居酒屋天国な新橋は、意外と「心得た割烹」っていうのが少ないのですが、この店は貴重な一店かと思います。何をとっても「心得ている」感じ。程がいい。素朴なおいしさを残したモダンさがあり、ホッとできます。

例えば「かさごの煮付け」の程のよさ。心得てる感じ。
気取った薄味さがなく、かといっていかにも東京な濃い味でもなく、ちょうといい感じにまとめてある。これ以上薄味だと姿勢を正さないといけないし、これ以上濃い味だとガハハな居酒屋になっちゃう。この辺の微妙な整え方が上手なんです。そういうのが仕事に疲れた夜にはちょうどいいんですね。この辺、サラリーマン天国の "新橋ならでは" 、なのかもしれません。

フグとかクエとかの高級魚も取り揃えている一方(冬に行きました)、居酒屋でも出そうな気軽な一品もいいですね。なんだっけな、九条葱の煮込みみたいな素朴な一品がとても印象的だったです。〆は名物の鯛飯。なかなか豪快に炊き込んでくれます。

酒の品揃えも見事。
蔵元との長いつきあいで分けてもらったらしい稀少なモノが多く、ご主人にまかせちゃうのがコツかも。
行った日も朝日酒造(久保田と造ってるとこですね)の新酒「一三五号」を飲ませていただきました。滅多に手に入らないそういう酒を、ご主人にこにこうれしそうに出してくれます。それでいて決して高くない。それもうれしいですね。

ひのきの一枚板のカウンター、そして奥に座敷が5つほど。
新橋で、「居酒屋でもないし立ち飲みでもないし鮨でもないし、うーんどうしよう」とか迷ったときの手札にどうぞ。
posted by さとなお at 21:31| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする