2009年06月30日

いとう:わさ(都立大学)

>下北沢の「七草」を書きましょう。

「七草」は、何度かトライしようと思うものの、予約が取れなかったり急に予定が変わったりと、想いは募れど縁の薄い店でした。
でもさとなおさんの文章を読んでいて、また行きたい気持ちが湧いてきたなあ。優しい野菜料理をたくさん食べて脂の抜けたいい感じの熟年を目指したいですね。といいつつ、地酒のラインナップにも超注目なんでありますが。

さて、当初は野菜料理の店を紹介しようと思っていたものの、もう一度だけ唐揚げの店を書いてもいい?(しつこい?)。私鉄沿線駅から遠く住宅街の中にある店つながりでもオッケーですけど(笑。

中国料理の「わさ」。最寄り駅は東横線都立大学なんですが、徒歩15分ぐらいはかかるかなあ。土地勘のない人は道中ほとんど飲食店もないし最大に不安になります。やっと見つけても、看板のランプすらついていなくて、「ほんとうにココか?」「営業しているの?」と不安になりつつ店内へ。

厨房を囲むようなL字のカウンターと4名がけのテーブルが2卓のシンプルなダイニング(元々は鮨屋だったらしい)。表の電気を付け忘れるぐらいに料理とお客様に集中している店主と、おだやかな接客が魅力の美しい奥様のお2人から、瞠目すべき高水準の中国(おもに四川)料理が、これでもかと登場。それに釣られてとめどなく料理を注文してしまい、帰りは都立大の駅まで歩く気力もうせるほど満腹。結局、店の前からバスに乗って山手線の駅まで移動しました。

今年2009年は、なぜか個人的には飲食店の当たり年のような気がします。昨年暮れぐらいから今までにオープンした店には、これからもずっと生涯通いたいなあと思わせるところがかなり多いんですね。
(もしかすると自分の年齢的なこともあるかもしれませんが)

ここ「わさ」もまさにその一軒。
まず、各皿の香りがすばらしくいいんです。店主曰く「うちはネギの嫌いな人はだめですね」というがごとく、炒めてよし和えてよし載せてよしのネギ(や香草類も)が各料理にふんだんに使われていて、香りと食感が食欲増進のアクセントとなっています。

また、なにげない「海鮮の四川風炒め」は、いわゆる四川の定番料理「魚香」。「魚香茄子」としてナスを使う場合がポピュラーですが、今回はカツオとツブ貝(もちろんお野菜としてナスも使われています)。この海鮮と魚香のソースの絡みが想像を超えるおいしさで、今記憶をよみがえらせても垂涎してしまいそうです。

そして唐揚げ。「わさ」の料理は全部そうですが、食材の作り置きをせず、肉、魚、野菜もすべて、切るところからその過程を目の前で見せます。唐揚げも鶏のカットから始め、粉を絡めてぐつぐつとした油の中に放り込んでフタをする。揚げというよりは油で煮ている感じ。その後、黒くカリッカリになったチキンを、花椒、唐辛子、ネギ、生姜などとともに改めて炒めなおして味を浸透させる・・・。今まで食べた中でも、もっともカリカリなのにジューシーで、辛くて舌がヒリヒリする、蒸し暑い夏の夜には必ず思い出しそうなテイストでした。

シメの麺や炒飯もすばらしいもので、それだけを中心に食べに来ているご近所の方がほとんど。でも今の時代、遠方であろうと条件が厳しくともうまい店を求める客の動きには全く関係がないので、予約の取れない店となるのは時間の問題でしょう。

そんな話を店主としていたら、「混んでしまったら自分の料理ができなくなるのでつらい」と答えていました。ていねいさがウリでもあるので、満席になるとちょっと回すのが大変かなと心配ではあります。

最後に、とてもほほえましかったのが店主の奥様に対する自然な気使い。サービスを担当する奥様とひんぱんに声を掛け合う姿がとてもステキでいい波長をもらいました。ちなみに「わさ」とは奥様の旧姓とのこと。「こんな店名にしてしまったので、一生家内からは逃げられません」とは店主の弁。
posted by 伊藤章良 at 18:02| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

さとなお:七草(下北沢)

「クリーズクリーク」、知りませんでした。
30年前っつうたら18歳。渋谷の路上で遊んでました(渋谷の高校だったので)。西麻布の「に」の字も知らないころですね。

ではボクは、

>なにしろ大半の客が渋くてカッコいいオヤジと美しい女性ばかり

という言葉に反応して、下北沢の「七草」を書きましょう。

この店、美人度高いなと思います。
基本的に女性向けの店なのと、隠れ家っぽい雰囲気がいいのと、野菜中心のメニューとで、下北近辺の美人さんたちがどんどん集まってくる感じです。オヤジも少々。脂の抜けたいい感じの熟年が多いですね。

料理は野菜中心の家庭料理。
メインで名物の「豚バラと大豆の味噌炊き」が出る他は野菜ばっかりでした。そして何故か魚料理は一切出ません。どうしてなんでしょうね。

5000円のお任せコースのみで、珍しい素材と工夫された料理が続きます。
覚えているところでは、セロリとじゃがいものすり流し、白瓜とずいきと岩茸の胡麻酢和え、丸茄子とズッキーニと空豆の湯葉あんかけ、紫キャベツとトマトとパプリカの煮浸し、いちじくの白和え、加賀太キュウリとなんだったかの炊き合わせ(なんだっけ?)、ゴボウ天と焼き枝豆、豚バラと大豆の味噌炊き。〆に胡椒ご飯(茶漬け風)。そしてデザートに、白玉に見える豆腐の寒天。

あと数品あったけど、料理名がわからないし素材は複雑だし、覚えられませんでした。
こういう店こそ、料理と素材の説明つきお品書きを配って欲しいです。

味つけは淡い薄味。とっても繊細でカラダの芯からキレイになる感じの料理群。
特に「セロリとじゃがいものすり流し」「白瓜とずいきと岩茸の胡麻酢和え」「紫キャベツとトマトとパプリカの煮浸し」が印象的でした。
ただ、コースの流れ的に「ゴボウ天」が妙に脂っぽいのが「あれ?」。そして「豚バラと大豆の味噌炊き」だけ異様に味が濃いんですね。コースのバランスがここでいきなり崩れます。これは疑問でした。ここまで濃い味と肉をここに持ってくる必要があるのかな。

お酒は純米酒が揃っています。白岳仙、黒帯、開春、初孫、秋鹿。いい品揃えですね。
他には焼酎とかワインとか。

全体に優しい気持ちになれるいい店です。特に女性同士や熟年夫婦での訪問がオススメですね。若い人にはいろんな意味で物足りないかもしれません。

下北沢駅から歩いて10分ほど。
わかりにくい場所にあるのですが、入り口のところの泰山木が目印です。伺ったときはちょうど白い大きな花が咲いていて見事でした。泰山木の下の小さな階段を下がると蚊取り線香の香りがぷーんとして、いきなり昭和にタイムスリップ。古民家を改装した店内に入ってもそのまま昭和が続きます。

物静かな女性がふたりでやっています。
テーブルふたつ、小上がりひとつ、カウンター6席のみ。BGMもなく静か。たまにはいいですね、こんな店。
posted by さとなお at 23:04| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

いとう:クーリーズクリーク(白金)

>そこまで鳥好きなら、例えばこんな店はいかがでしょうか。
>六本木の交差点からすぐのところにある「チキンマン」。

なるほど。「チキンマン」とかが出てくると、やっぱりさとなおさんはクリエーターだなあと思ってしまいます。あそこは確か夜から朝までしか営業していないんですよね。深夜まで仕事してその流れ・・・みたいな感覚じゃないとなかなか足が向かないですよ。
ただ、食べてみたくて上野のアメ横にある支店には行ったことがあります。確実にアメリカーンなんですが、やたらフランス風と書いてあるところが少々複雑な気分でした。

さて、ハワイはオアフ島に「Maui Mike's」という(オアフなのになぜかマウイ)、アメリカンでは究極にウマいローストチキン屋があるんですが、ワイキキから島の中心部に向かってクルマで1時間近く走らなければならず、しかも回りはクルーカットの兵隊さんばかりというタイヘンな場所なので、今回はここではなく、先ごろオープンの「クーリーズクリーク」にていただいた鶏の丸揚げ話を。

「クーリーズクリーク」って、さとなおさんならご存知なのかなあ。30年ほど前まで西麻布にあった伝説のレストランバー(死語?)。「レッドシューズ」(ぼくはかろうじて行ったことのある)とかと並び当時の最先端をいってた店らしい。

もともとそこのスタッフだった方が、30年の時を経て新たに店をオープンするに当たり「クーリーズクリーク」という名前をよみがえらせた、とのことです。経営的にはさとなおさんLOVEの「アダン」姉妹店で、こりゃもう、聞いただけでもでもいいでしょ。

古川橋交差点からすぐの、大通りから一本入った静かな通り沿いの一軒家。1、2階は中国料理を出していて3階はバーとなってます。だけど、あまりそんな区別はない(というか「アダン」同様、すべてにやさしい感じで)、お皿もどんどん3階に運ばれてました。

料理はかなり真剣に四川料理を追求。宮保や魚香といった四川の代表的調理法とメインとなる食材を選ぶメニューがあったり、お約束の陳麻婆豆腐も。そして、箸休めに頼んだサイドメニュー等もかなりビリカラでオイシイ。
※なお、ぼくたちは辛いものばかり頼みましたが、腸詰や酢豚や炒飯(不確か?)もあり料理は四川ばかりではありません。

そしてお待ちかねの鶏の丸揚げ、いわゆる油淋鶏です。これは鳥の唐揚げネギソースかけとも言われますが、読んで字のごとく、じっくりと油を回しながら一羽の鶏を揚げていく料理。一羽、半羽、1/4羽と選ぶことができ、最高においしそうな色をした鶏がぶつ切りにされて運ばれてきました。

骨ごとむしゃぶりついていたら、サッと新しいオシボリが出たりと、お店のホスピタリティも間違いなくいいですが、なにしろ大半の客が渋くてカッコいいオヤジと美しい女性ばかり(女性スタッフも皆さんステキ)で満席の賑わい。今の東京にもこんな空間が残っているんだーと、デジャプというか、時代を引き戻された感が充満していました。

全体にゆるく出来上がっているんだけど、家具も料理もお酒も音楽もスタッフも、すべてに手を抜くことがない本当の大人の店です。

男性は、少なくとも40歳を過ぎてないと浮くかな(笑。
posted by 伊藤章良 at 18:34| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

さとなお:チキンマン(六本木)

伊藤さんがそこまでフライドチキン好きとは知りませんでした。
その丸いお腹の数割は鳥カラですね(笑)。

そこまで鳥好きなら、例えばこんな店はいかがでしょうか。
六本木の交差点からすぐのところにある「チキンマン」

アフロアメリカン従業員が作るいかにもアメリカなチキン料理店です。
たまにアメリカーーンなチキン、食べたくなりません? そんな欲望を完璧に満たしてくれます。

店名通りほとんどすべてのメニューがチキンです。
六本木交差点すぐという立地も手伝って、客は外国人ばかり(アフリカ系多し)。アメリカ人のソウルフードに近いタイプの料理が多いから多分集まるんでしょうね。モニターにはミュージック・ライブ映像が映り、周りに飛び交うのは英語ばかり。こういう雰囲気が好きな人にはたまらない空間です。朝早くまでの通し営業なので(18時〜朝8時)、深夜とかに盛り上がっていそうな店ですね(深夜に行ったことないけど)。

名物は「丸ごとチキン&ポテト」(2980円)。
つまり丸焼き。ハーフサイズは1580円。2人ならこれでいいかもな量です。
ハッシュドポテトとかナチョスとかフライドライスとかのいかにもアメリカンなメニューも多くあり、それぞれが期待通りのアメリカ味(いい意味で)。これはこれでおいしいし楽しいです。アフロアメリカン系のお客さんとかを連れて行くと喜ばれるかも。

ちなみに朝はブレックファストも用意しています。
写真で見た限り典型的なアメリカン・ブレックファスト。知っておくとこれも意外と使えるかもですね。
posted by さとなお at 19:08| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

いとう:机(外苑前)

>自由が丘にある、ひな鶏唐揚げの店「とよ田」です。

世界中どこにいっても、フライドorロースト・チキンは必ず一度は食べるほどの鶏好きですが、不覚にもこちらの店は知りませんでした。今すぐにでも行ってみたいけど待つのは苦手だしなあ。しかもココは夜しかやっていないんですね。ハードル高い・・・。
でも立石の「鳥房」で1時間近く並んだこともあるし、食べたいと思えば動かないといけませんね。

さて、高カロリー&塩分ゆえいけないと思いつつも、居酒屋・洋食屋等で「唐揚げ」「フライドチキン」のメニューを見ると発作的に頼んでしまうぼくですが、その中でも記憶に残った店を今回は紹介します。鳥料理の店ではないんです。ごめんなさい。

そこは、南青山にある居酒屋で「机」。外苑西通りをスキーショップジローの方に下っていく途中の右側のビルの2階。広めのカウンターと3卓ほどのテーブルの小さな店ですが、青山らしい垢抜けた雰囲気で適度な隠れ家感もあり大人が訪れるに最適。

ヘルシーな鍋料理を考案したらそれがマスコミに取り上げられ、一気に女性客が増えて面食らいました、と語るご主人。少々居酒屋の店主らしからぬ方で燻し銀を売り物にするのではないけど、節度を守りながらも大衆におもねない男気が感じられ、とても楽しく心地良いです。

料理は居酒屋メニューが並びますが、いずれも手間ひまを惜しまない様子がよくわかる納得のおいしさ。中でも「鳥の唐揚げ」は、下味のバランスがよく、何ともいえずジューシーで、硬くなりすぎず少ししっとりした衣が鳥肉のウマミを引き出します。おひたしや野菜のザクザクづけといった軽い箸休めも印象的で、硬軟いずれを頼んでも酒が進みます。

お酒は、西の焼酎と北の日本酒が中心。数を誇るでもなく適度に選びやすいラインナップ。ただ、芋焼酎の「伊佐美」が良心的な価格で出ていたので、ずっとそればかり飲んでました(笑。

ぼくは終電までには引き上げましたが、深夜遅くまで営業をしているようですしメモっておいて損はない一軒です。でも深夜の鳥カラは危険だ・・・。
posted by 伊藤章良 at 22:09| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

さとなお:とよ田(自由が丘)

京成押上線方面、伊藤さんよく行ってますよね。
ボクはほとんど足が延びず・・・ある種の聖地として憧れは持っているのですが。そのうち連れて行ってください。

さて、前回、鶏つながりを思いつかず、と、書きましたが、ひとつ思い出しました。

自由が丘にある、ひな鶏唐揚げの店「とよ田」です。

この店、以前あった場所から移転して新しくなり多少広くなったとのこと。行ったことなかったのですが、相当の人気店らしいです。電話予約は受けず、直接来店して待たないと入れないシステム。知り合いのお誘いがなかったらなかなか行けないなぁ(自由が丘という立地も含めて)。

料理は3つのみ。
砂肝、もも、手羽の唐揚げのみです。

正確に言うと、お新香、焼きおにぎり、焼きおにぎり茶漬けもあるんですが、主要なおかずは3つだけです。一緒に行った知り合いが「あ〜! メニューがある〜! あ〜! ご飯系がある〜!」と驚いていました。以前はメニュー自体がなかったようだし、ご飯系も置いてなかったみたいですね。

で、肝心の3つですが、これはさすがにおいしいです。
まず砂肝。素揚げしているのですが、なんというか表面がプリプリしていて中はサクサク。この食感はたまらないですね。単にコリコリした砂肝はどこでも食べられますが、プリサクな砂肝はあんまり経験ないかも。
ひな鶏のもも肉の唐揚げは多少揚げすぎかなと思いましたが、これも充分美味しい。衣を付けずに素揚げしてあります。まぁでも3つの中ではこれが一番普通だったか…。
手羽も素揚げ。時間をかけてじっくり揚げてあり、細い骨はそのままボリボリと食べられます。これが一番うまかったかなぁ。コクがあるのにあっさりしている。何個でも行けそうです。衣がないから脂が少なく、あまりもたれないのもいいですね。

お通しはたまねぎのスライス。あと、鳥スープが最後に出ます。あとお新香をとって焼きおにぎり茶漬けをとって、(もちろんビールをがぶがぶ飲んで)、3〜5000円くらいだったかな。高くないし、おいしいし、なかなかいい店だと思いました。

問題は予約だなぁ。18時には満席になっちゃうようなので、逆に20時くらい(3回転目前後)に行くとそんなに待たずに入れるかもしれません。ボクたちは19時に行って30分くらい待ってしまいました。
posted by さとなお at 06:43| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

いとう:亀屋(八広)

>最近仕事ばかりしていてプライベートが疎かになっています。

ぜひぜひプライベートも大切に。お誘い待ってます(笑。
さて、先日恵比寿を歩いていたら、「伊勢うどん」なるノボリを発見。東京で伊勢うどんが食べられる店を見つけました。といっても、カフェor無国籍系料理店のメニューの一つのようで、うどん屋さんではありません。でも思わず飛び込んで食べてみました。

場所は、さとなおさんも紹介していた「農家の台所」の裏です。ま、「伊勢うどん」の味自体を忘れてしまっているので。懐かしい・・・としか言及できません(汗。そういえば、「農家の台所」横にも「鶴越」なる神戸うどんの店が出来ていました。ココはちょっと西のテイストを誤解している感じの甘すぎるダシで、改善の余地ありですね。

>浅草の「ぬる燗」。

浅草の居酒屋ですか・・・。なかなか行く機会がないのでうらやましいです。というか、うちよりずっとさとなおさんの方が浅草から遠いのに、意外とよく行ってますね。さすが江戸っ子か。

>「次に紹介する店が思いつかない」ということもありました。

同感。というか、ぼくもそんなこと、よくあります。つながりを考えながら対談を続けるのは面白い反面、見つからないとツボにはまります。逆に今回のような居酒屋は、ありすぎて困るなあ(笑。

今回は追悼の意も込めまして、八広の「亀屋」を紹介します。京成八広駅を基点とするこの界隈は、のん兵衛の間で「酎ハイ街道」と呼ばれ、むかしむかし近くにある置屋へと遊びに行く前に一杯引っかける店群として発展したそうです。

「酎ハイ街道」の特徴は、点在する各店がそれぞれオリジナルの酎ハイを持っていること。といっても、甲類焼酎と各店秘伝の素をブレンドした琥珀色の(得体の知れない)液体を炭酸で割る。多くはジョッキも炭酸水も液体もキリキリに冷やしておき一気に注いで混ぜ、氷を入れないのが基本。見かけはまさにウイスキーで作ったハイボールです(「亀屋」の素はサントリーウイスキー角瓶のボトルで保管されています)。

軽くて口当たりよくほんのり甘い。どの店もほとんど一杯250円。あまりに飲みやすく安価なので調子に乗って杯を重ねると、泥酔&二日酔い確実。まさにせんべろ(千円でベロベロに酔うという意味ですね)。おつまみは各店とも家庭料理の域を出ない(そうではない店もありますが)んですが、焼きそばやインスタントラーメンなど炭水化物系のメニューが必ずあって、食事処としての面も持っています。

「亀屋」は、「酎ハイ街道」でも老舗の一軒。なぜ追悼かといいますと、先ごろこちらの名物ご主人が亡くなられました。体調を崩れていることは伺っていて、5月に訪れたときは二人の息子さん(昼間はビジネスマンだそうです)と奥様で切り盛りされていたんですが・・・。

ぼくは「亀屋」に初めてうかがった際、なぜかこちらのご主人からお店で使っているロックグラスをいただいたんですね。そのグラスはとても使いやすく気に入って、家飲みの時は必ずそのグラスを愛用していました。

なんだか宝物になってしまって、もう使えない感じ。
なお、残念ながら「亀屋」酎ハイの秘伝レシピは、ご主人が天国へと持っていかれたそうです。
posted by 伊藤章良 at 23:33| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

さとなお:ぬる燗(浅草)

あぁ…。伊藤さん、なんだかあっという間に2週間経ってしまいました。申し訳ない。最近仕事ばかりしていてプライベートが疎かになっています。もうちょい何とかします。

「超渡邉」、なにより名前がすごいですね。ちょうわたなべ。
伊藤さんのを読んでいると鶏天ぷら自体は「普遍性」を感じるのですが、この店名とかダイニングバー的展開とか、全体に「ニッチ」な方向を狙っているのが残念です。奇を衒うことないのになぁ。

さて、2週間あいてしまった理由のひとつに「次に紹介する店が思いつかない」ということもありました。鶏つながり、九州つながり、天ぷらつながり、恵比寿つながり、、、んー。

結局思いつかなかったので、まったく関係ない居酒屋をご紹介します。
浅草の「ぬる燗」

知り合いに教えてもらった小さな居酒屋ですが、雰囲気も良く、味も良く、なかなかでした。
場所は雷門から見て浅草寺の裏側。言問通りからほんの少し入った路地にあります。浅草という立地も、ぬる燗という店名も、ぼんやりと提灯が灯る古くさい外観も「酒好きには堪らない感じ」なんですね。そして内容もまさに堪らない感じです。

まずは日本酒の品揃えがいい。
なかなか凝った品揃えで、店主のオススメとか聞きながら飲んでいるとどんどん進みます。途中からはもうお任せで次々もらっていました。この店のオリジナルおちょこでぐいぐいと。もちろんぬる燗もいいですが(絶妙なつけ具合)、冷酒や常温もあります。あ、焼酎とかも充実してました。

次に料理がいい。
いただいた中では、すじ煮込み、ポテトサラダ入りだし巻き、うるめ、豚と春キャベツなんかが印象的だったかな。
あ、それと、〆に食べた「牛すじカレー」!
すじ煮込みがうまかったので「さては…」とオーダーしてみましたが、結果的にはおかわりしちゃいました(笑)。気に入りましたね。いい味でした。ボクの脳内ではすでに「日本酒と牛すじカレーの店」だったりします。

そして雰囲気がいい。
カウンターでひとりでポツポツ飲むのに最適な雰囲気です。高級でもなく大衆的でもなく、でも素朴さは残していて。ちょっと薄暗くて、ちょっと雑然としていて、適度に入り組んだ作りも落ち着けて。料理数品と日本酒で数十分。常連になったら楽しいだろうな。

常連になってみたい理由はもうひとつあって、それはここの店主ご夫婦。
これがね、超クールなんです。笑わない。お世辞を言わない。寄ってこない。無表情で淡々と仕事をこなします。決してぶっきらぼうでも不親切でもなく、ホスピタリティはいいんです。でもクール。特に着物姿の美形な女将さん(?)。笑わないんですねー。でも、よくよく観察していると、常連さん相手にたまにほんの少し口角が上がるんです。それがうらやましくて(笑)

ちなみに一見(イチゲン)差別的では全くありません。単にご夫婦ともにシャイなんだろうなと思います。なんとなく「あの女将さんから微笑みかけられてみたい」という「クエスト欲」が出る店なんですね。ボクにとって。
posted by さとなお at 06:48| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする