2008年07月27日

さとなお:ラッフィナート(芦屋)

また1週間以上経ってしまいました。
伊藤さん、すいません。そろそろ立て直します。

「オー・ギャマン・ド・トキオ」、さすがに早いですね。
ボクも開店直後に行った知人からすごくいいと聞いていて「これは伊藤さんを出し抜いてすぐ行ってやる!」と思っていたのですが、負けてしまいました。評判もよく、すでに常連も多いみたいで、ボクもなるべく早く行こうと思っています。あの辺、「ラシェリール」もあるし、少し歩けば「ラビラント」はあるし「ラシェット・ブランシュ」はあるし、なかなかフレンチが充実してきました。

さて、こないだ関西の妻の実家に行ってきたのですが、義父母が予約してくれたリストランテがなかなか良かったのでご紹介します。

芦屋のイタリアン「ラッフィナート」
「いかり芦屋店」の南側の駐車場の横にある店で、3階建ての2階。ボクが芦屋に住んでいた頃は、このビルにはカラオケが入っていました。たしか2階に。なのでカラオケを改装してイタリアンにしたようです。関西から離れているうちに最新情報にはかなり疎くなっているんですが、最近ではかなり評判の店とのこと。ランチに行って評判が高い理由がわかりました。

まず、コストパフォーマンス。
3800円のコースを頼んだのですが(もうひとつは6500円だったかな)、よくぞこれを3800円で!と驚く質と量でしたね。

冷たい前菜2品、温かい前菜1品、冷製パスタ、温かいパスタ、メイン(肉と魚が選べる)、グラニータ、ドルチェ、コーヒー。

これで3800円です。
芦屋ならもう少し高い値段設定でも客が入るかなぁとは思いますが、やはりこの値段設定は魅力。一品一品は少量ですが、最後まで食べ終わると量も充分。少食の人なら残すかも、と思われるほど。ボクでもちょうどいい量。ランチなら充分です。いいなぁこういう店。

で、味もなかなか。
冒頭にスペシャリテらしい「甘い人参のスプーマ 生うにとコンソメのゼラティーナ」が出るのですが、ここで「お、この店、タダモノではないな」と客を身構えさせます。こういうド頭でのアピール、ボクは好き。温かい前菜で出た「帆立貝柱のオーブン焼き」もなかなか。これってひとつ間違えると居酒屋料理になっちゃうんだけど、繊細さと大胆さが両立していてチカラを見せます。「冷たいカッペリーニ」も良かった。メインはもち豚にしましたが、焼き加減もよく、このころには「意外と満腹〜」と満足してました。
そこからデザートが2品でるのですが、これは芦屋マダム受けするでしょうね。アバンデセールがつくだけで妙に豪華感が増します。

シェフの小阪氏(「アルポルト」で修行したらしい)は、ちょこちょこと客席に出てきて自ら料理を説明してくれます。
最初はセカンドさんかと思ってました(笑)。熱心でいいセカンドだなぁと思っていたら、シェフだった。すごく若くてシェフと思えないんですね。でも本当に熱心で、決して少なくないテーブル数なのに、厨房で作ったものを自ら持ってきてサーブしたり、食事が終わったテーブルに名刺を配りにシェフ自ら挨拶に来たりします。これもマダム受けするだろうなぁ。

あ、ワインも安いのをちゃんと用意してくれています。食材にも凝って仕入れている様子がありあり。サービスの女性はかなりいっぱいいっぱいでしたが(満席で、テーブルが空いたらすぐ予約客が現れる大人気状態)、丁寧でした。内装もセンス良く上品にまとめていて、記念日にも向きますね。テーブル間もちゃんととってあります。

芦屋って意外といい店が少なかったのですが、こういう店が増えてくるとうれしいです。
住宅街という立地をちゃんと理解していて、家族にも奥様方にも受けるコース演出をし、味もちゃんとまとめきって満足度高くしてくれる。んでもって家族の記念日にも使える内装。住宅街のお手本のような店です。
posted by さとなお at 07:45| イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

いとう:オー・ギャマン・ド・トキオ(白金)

暑い暑いとぼやきつつも、あっという間に時は過ぎていきますね。
ぼくも遅れてすみません。また徐々に元のペースに戻していきましょう。

そういえば、ハワイに行っておられましたね。ぼくもさとなおさんが行かれる一週間前に同じくハワイでした。来月も20日間ぐらい滞在する予定です(といっても仕事でですけど)。

レバー炒めのおいしいお店を書かれていて(浅草に出向いて、そういったお店に入る機会はなかなかないので貴重な情報です)、レバーのおいしい店ないかなー、と思いめぐらしたんですけど、なかなか見つからず・・・。全く関連性のないビストロ「オー・ギャマン・ド・トキオ」を紹介します。

場所は、白金の住宅街の中。最も分かりやすい目印は、高名な焼肉店「金竜山」の斜め前です。パッと見は普通のこぎれいなビルなので、ここにレストランがあるとはなかなか想像しがたい。しかも、店へのアプローチもマンションのビル名のようなそっけない表記があるのみ。

ところが店内はとてもおもしろい造りになっています。真ん中にドカンと厨房があり、それをぐるりとカウンター席が取り囲む。レジやレセプションは気の毒なぐらい狭い(冬はどうするのでしょう 笑)だし、カウンターの後ろは人が1人通れるかどうかというほどスペースを切り詰め(よく消防の許可が下りたなあという感じ)。反面、カウンター席の居心地はバツグンで眼前の厨房も圧巻。食べ飲むことのみに焦点を当て、ととことん楽しませてくれる、そんな度量を感じます(ちょこっと別の目的もある方には、個室も用意されているようですが、「オー・ギャマン・ド・トキオ」に来て個室は寂しいかな)。

こんな造りゆえ基本的にサービススタッフ不在。といっても、その日のメニューは黒板に書かれたものを料理人自らが客前に立てて説明。そりゃそつなく的確でしょ。料理やワインのサービスも料理人の仕事。しかもその料理人たちは皆さんイケメンで、とてもキビキビと休む間もなく動きお客様に声をかけます(客に見られることが逆に彼らのモチベーションになっているのかとも思いますが)。

自分がオーダーした料理の出来上がってくる様子が手にとるように見えるし、こちらが3人グループと見えると頼まずとも盛り付けの際にはシェアしてくださる。なかなかいいコトづくめです。

料理は、オオッというのもあればアレッみたいな平凡な皿も・・・。でも、回りに運ばれていく状態やデッシュアップされるさまを確認しながら注文していくと、決して間違いないような気がします。

ワインは、この環境なのでしょうけど、かなり絞った品揃え(ま、ソムリエがうやうやしくプレゼンするスペースはないですから)。でも、スペシャリストのスタッフもいて、お願いすれば多くの引き出しを披露してくださいます。
posted by 伊藤章良 at 17:49| フレンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

さとなお:あづま(浅草)

伊藤さん、長々とすいませんでした。
ようやく体力も気力も回復しはじめ、もろもろ書けるようになってきました。外食も少しずつ復活です。って、別に大病していたわけではなく、微熱に悩まされていただけなんですけどね。年齢的にも一度ちゃんと内臓を休ませようとお酒も控えていました。でもそろそろ復活です。

ただ、この「そろそろ」というのが意外と難しく、6月中も何度か「そろそろ復活かな」があったんですね。
でもそのたびに玉砕し、体調悪化したりしていました。でもまぁ今回の「そろそろ」はたぶん大丈夫…、だと思います(笑)

さて、今日は6月の何度目かの「そろそろ」の時に行った店をご紹介しましょう。

浅草の「あづま」です。
ロック座(ROX)すぐ近く。すしや通りに入って左側。なんというかわりと汚めの店で、昭和のラーメン屋といった感じ。実際昔懐かしい柳麺や餃子を売りにしている街場の中華です。奥に長いカウンターの超カジュアルな店。ビールはセルフサービスだし(入り口横の冷蔵庫から自分で出す)、オヤジさんも従業員もタバコ吸いながら料理している。そんな店です。

もちろんタバコ吸いながら料理する店を、ボクはとっても嫌います。言語道断でしょう。
でも、この店の場合、どこか許せてしまう。「浅草」「昭和っぽい大衆店」「オヤジの佇まいがタバコが似合う」などの記号がそれに勝ってしまう感じ。タバコは嫌いだけど、タバコを巡るタバコ周辺の文化や歴史は嫌いじゃないのです。この辺、わかってくれる方だけご参考にしてください、という感じです。

で、この店、いくつか名物がありますが、必須なのは「純レバー炒め」。純レバーの「純」は「混ぜモノなしのレバーのみ」という意味ですね、たぶん。

このメニュー、この辺の他の店にも存在するようですが、同行した「純レバー好き」に言わせると「この店がダントツにしてベスト」とのことでした。レバーを甘辛く炒めてネギをたっぷり載せた料理。シンプルですが、うまいです。クセになる系の味。レバーの臭みもあまりなく、これならレバー嫌いの人でもいけるかもなぁ…。
ただ、店の佇まいや店員さんの感じから、「レバーみたいなものはもっと清潔な環境で食べたい」と思うタイプの方はご遠慮いただいた方がいいかもしれないけど…。

で、食べた人はみな「これ、ご飯に合うだろうなぁ」と思うのですが、ちゃんと「純レバー丼」も用意されています。これがまたいいですね。
他に「あれ」という意味わからない名物メニューがあります。これは鳥唐揚げをチリソースみたいので和えてネギをたっぷり載せたものです。ボクは純レバー炒めの方が好きです。ちなみにラーメンは昔懐かしい系で、これも好き。

基本的に浅草のどこかで飲んで、二軒目三軒目にこの店でビールに純レバ、という使い方がベストだと思います。
敢えてこの店目当てで行くほどではないと思いますが、二軒目三軒目としてこんな店を知っていると「渋いねぇ」と喜ばれること請け合い。そんな店っすね。
posted by さとなお at 17:39| ラーメン・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする