2008年04月29日

いとう:鈴なり(四谷三丁目)

>では、ボクも神楽坂。割烹の「弥生」をご紹介。

神楽坂ってやはり「割烹」というイメージがしますね。
特に小説家に愛される店は、さとなおさんが言われるとおり、わがままな要求を様々にこなしてこられた歴史があるんでしょう。さとなおさんは、最近そういった店にもちょくちょく行かれているようですが、ぼくはなかなかその域は遠いなあ・・・。

>なんかこういう店で完成度の高いその手の料理を食べるって
>楽しくない?

そうです、そうです。意外と大阪ではそういった店も様々に経験してきたんですが、東京では余裕がないかもなあ。その店のスペシャリテを食べたい、という欲求が強いからかもしれません。

ということで、ぼくは、東京で神楽坂に似た風情も持っている四谷三丁目、というか荒木町から、同じく日本料理の「鈴なり」です。

ぼくはこの荒木町界隈が大好きで時々ひとりでふらつくんですが、交通至便な場所ながらみんなで食事をするにはなんとなく選択肢に入れにくいところがあります(いい食事処にいいバーもあるのに)。そんなこともあってか、最近は夜歩いていても人通りが少なくて寂しい限り。

ただ、荒木町の大人の雰囲気を好む若い料理人が逆にココに集まりつつあるウレシイ傾向も感じていて、「鈴なり」もそんな一店。

いわゆる杉大門通りを入って右に折れ、やくざ映画のロケセットのような細道に入る。「こくている」やさとなおさんも以前書いておられた「羅無櫓」を見ながらもう少し進むと、真新しい和風の壁が見えてきます。

ただ、ココまでの完璧なアプローチを経て店内に入ると、少しガッカリ。ホームページの写真で見るイメージよりかなり雑然としており、テーブル席のコンパ風男女を含んでカウンターもずらっと女性ばかり。デートなどで気合を入れて行くと肩透かしになる可能性は大かな。

そのカウンター席は、幅が狭く様々なモノが鎮座し、椅子が高く(背もたれがなく)少々落ち着かない。と、それも分かるのは、「鈴なり」のコースは4500円からというグッドバリュー。それを一流の日本料理店で修業をした料理人が、八寸やお造りなど鮮やかかつ豪華な盛付けで提供します(カウンターが狭すぎて、その盛付けが今ひとつ生きないんですが 笑)。

コースの流れもきちんと練られてブレがなく、もっと落ち着いた内装のゆったりした店で提供されたら10,000円近い請求をされても納得できそうなというと(言いすぎかな)。カウンターの幅が狭い分板場との距離も短く、料理人の息吹が伝わるライブ感もいいし、照れながらも丁寧に客と応対する板長のキャラもすばらしい。

ただ、安価なだけに客層の乱れは否めなく(多くのフリーペーパー系にも出ているようで)、そのバランスが今後の課題かなあ。最初から大きく構えた割烹にしなかったというのも店主の意図でしょうから、今後の成長や展開も楽しみです。


posted by 伊藤章良 at 22:27| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

さとなお:弥生(神楽坂)

>「ラリアンス」。ここは昔、パラパラの殿堂とかいわれたディスコ
>「ツインスター」があった場所ですよね。

お、そうなんですか?
神楽坂のディスコには行ったことないし、パラパラが流行っている時はとっくにディスコ引退してたので知りません。でもそう言われると店の造りにその名残が感じられますね。

では、ボクも神楽坂。割烹の「弥生」をご紹介。
神楽坂の坂を上がっていって、中程(セブンイレブンの前あたり)を左に入っていったところにある店です。

ここは故山口瞳をはじめ、作家系や出版系の常連さんも多い店で、そのせいなのか、普通の割烹より遊びがあって面白いです。
きっと作家さんたちの「シチューが食べたい」とか「アジフライを食べさせろ」とか「賄いを出せ」とかいう我が儘にニコニコ応えているうちに、そういうのもメニューに載ったのではないかな、という感じ。いわゆる懐石コースもあるんだけど(12000円〜)、そういう懐石からはずれた遊びの一品もとてもおいしく、楽しいです。

その手のメニューは、ボクが試しただけでも、テールシチュー、イワシフライ、アジフライ、魚介のブイヤベース風、アスパラのバター炒め、あとは何を食べたかな…。なんかこういう店で完成度の高いその手の料理を食べるって楽しくない? 創作料理は嫌いですが、きちんと腕がある和食の職人さんが作る洋食とか、意外と好きです。

いわゆる懐石的一品ももちろんイイ。
焦点がちゃんと来ていておいしい。特に印象に残っているのは丸鍋(一人用の小鍋で出してくれる)。スッポン他の具の使いはシンプルなんだけど、ダシがよく、ちょうどいい加減にうまいんです。飲んだあとにちょこっといいですね。

前の店からほんの数十メートル移転して新しくなったのだけど、前の店を知っている人からすると「ちょっと趣がなくなったかな」という感じらしいです。まだ新しい作りで確かに少し「神楽坂的趣」に欠けるかも。でも広いカウンターはゆったり落ち着けるし、料理はおいしいし、なかなか好きな店です。テーブルと個室もあって使い勝手もいい感じ。
posted by さとなお at 09:21| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

いとう:ちょうちん(神楽坂)

「ラリアンス」。ここは昔、パラパラの殿堂とかいわれたディスコ「ツインスター」があった場所ですよね。ディスコは構造的に奥行きがあって天井が高いので、レストランにリニューアルしてもゴージャスな感じは演出できそう。

また、結婚式対応が目的ながら、料理にもちゃんと焦点を当てているところもウレシイですね。結婚式の料理に接することで、たいていの日本人がフランス料理嫌いになる、とはよく言われていることですから。

では、ぼくは神楽坂つながりで、一転しておでんの店「ちょうちん」です。そうそう「ちょうちん」への訪問時も「ラリアンス」の前を通りましたが(笑)、ここは飯田橋から毘沙門天へと上がるメインストリート神楽坂ではなく、並行に走っている軽子坂沿い。神楽坂界隈も飲食店が本当に多い中、この坂にも秀逸な店が軒を連ねていることは、よく知られています。

「ちょうちん」と書かれた大きな提灯に迎えられて入店。後ろに人が通れないぐらいの狭いカウンター席と、その奥にテーブル・小上がり。お一人様からカップル、グループまで対応できる構成ながら、その実体は相席させまくりの玉石混交状態。しかも、カウンターが空くと相席者を移動させようとする(おそらくこの店の接客ポリシーかと思います)ので、せまい空間で人が入れ替わったり注文に齟齬が生じたりと、まさに混沌としてゆっくり酔えない(笑)。

でも、ほとんどのお客さんはそれを意に介すことなく各々のペースで楽しんでおり、お店のスタッフも真面目で一生懸命な対応ぶりなので不思議と居心地がいいんです。

メニューは日替わりのようで女性スタッフから逐次説明を受けますが、それがイマイチよく分からない。しかも肝心なことを聞くと、答えられなかったりします。また「新しく来られたお客様と相席よろしいでしょうか」とお願いをされたので、「タバコを吸わない方ならイイです」と答えたら、ものすごい悲しそうな顔をして「少々お待ちください・・・」とつぶやいたまましばらく戻らず。で、結局ぼくたちがカウンターに移ることになりました。

カウンターの奥では、いかにも和食板前風男前の店主が大声を出しながら孤軍奮闘。料理も酒も接客も、店主ご自身は十分に分かっているのに、なかなかそれが店内全域に行き届かず申し訳ありません、との気持ちが表情からにじみ出ます。

季節の春野菜を様々な形で料理して盛合わせの前菜にしたり、刺身も生だけではなくいろいろと仕事がしてあったりと、良質廉価なメニューには顔もほころび酒も進みます。でも、頼んだお酒がなかなか登場せず、お猪口が空になる時間が長かったのはつらかったなあ。
肝心のおでんですが、かなり強めのコブダシで味付けもしっかり。
ここに一番東京の居酒屋らしさを感じました。

個人的には、もう少し客席数を減らして、料理やお酒が注文どおりキチンと回るように工夫されたらもっと行きやすいとは思うけど、ぐちゃぐちゃな中に自分の居場所を見つけ安価に飲み食いする今の環境もまた魅力なのかもしれません。
posted by 伊藤章良 at 11:46| 和食(鍋・おでんなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

さとなお:ラリアンス(神楽坂)

「ラ・バリック」、噂には聞いています。
早く行かなくちゃ!と思っているうちに伊藤さんたちが行ったのを某所で知り、うらやましく思ってました。
おいしそうだし、なにより雰囲気が良さそうですね。いろんな想いが壁や天井に染みこんだような古い家って、それだけで「物語」が感じられて、食事の時間が豊かになります。

じゃ、雰囲気つながりで。
そういう物語も静けさも親密さもないけど、箱としてなかなか良かったフレンチ・レストラン「ラリアンス」を今回は書きます。

基本はウェディング・レストランですね。
店名の「L'Alliance」自体が「結婚指輪」という意味ですから。つまりはそういう雰囲気。
長い専用エスカレーターを上がるアプローチ。豪華なエントランスと受付。広くお洒落なホール。高い天井。人数多いサービス陣…。ウェディング用に意識された花嫁花婿が降りてくる階段もあるし、プロジェクターやスクリーン、ピアノなどの準備も万端。キッチンがガラス張りで見えるのも楽しい(これは曇りガラスに変化もします)。「お金かかってるなぁ」と溜息つく感じ。ミシュランでひとつ星を獲ったのも披露宴に出席する人には喜ばれる話題でしょう。

まぁ個人的には、この手の空間や環境にはあまり驚かないし、大箱は決して好きではないのですが「神楽坂の坂の途中にこんな空間が!」という驚きも含めて、ボクはこの大箱をポジティブに捉えたいと思います。
ここまでやれば素晴らしい。結婚式に向くということは、記念日の食事なんかにも向きますし。意外とこういう空間、東京にないんですね。「ザ・ジョージアン・クラブ」も閉店したみたいだし(あの店みたいに凝ってないけど、こちらの方がずいぶんモダン)。

で、休日のレストラン披露宴の宣伝のためだと思うのだけど、平日にランチを実にお得に営業してるんですね。

なんといっても3900円のコースがすごいです。
税込み・サービス料なし。ドリンクが2杯つく(食後のお茶以外に2杯。もちろんワインOK)。で、前菜・魚・肉・デザートのフルコース。味も盛りつけもなかなかいいんです。量もたっぷり。
プラス550円すればデザートは「ワゴン取り放題」にもなります。プラス200円でハーブティ・ワゴンも来ます。女性大喜び。

5000円のコースもお得です。
3900円のとの違いはアミューズとスープ、グラニテまでついて、最初からデザートがワゴンサービスなこと。もちろんドリンク2杯つきの税サ込み。

ちなみにこのレストラン、ワイン持ち込みも4000円でオッケーらしいので、いいワインを持ち込んで友人たちと大勢で、という使い方も出来そうです。

環境や雰囲気は抜群だし、サービスもレベル高い(ウェディング用に教育しているせいでしょう)。
これでこの値段なら、そりゃ人気になるはず。あっという間にマダムたちの間で評判になったんだと思います。行った当日はボクを除いて全員マダム系。広いホールで男ひとりでした。

当日は家族の誕生日だったのですが、それを予約時に伝えておいたところ、テーブルには「お誕生日おめでとうございます」のカードがあり、デザートに一品特別なケーキがつきました(ろうそくつき)。そしてそのケーキは退店時に箱に入れて持たせてくれました。記念日に使用する人が多いのでしょうね。慣れている感じでした。

まだディナーには行ってませんが、なかなかいいレストランです。
あえて言うならパティシエが弱いかな。ここまで女性向け&記念日向けにしてあるなら、デザートにもっともっとチカラを入れて驚かせて欲しいかも。
posted by さとなお at 13:03| フレンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

いとう:リストランテ・ラ・バリック・トウキョウ(江戸川橋)

「インカント」。ぼくはこの店にイカンとして予約するも、二度もキャンセルする事態になりまして、実は縁がないのかなあなんて少し思っていました。かなりいい感じですね。メニューで迷いまくって同席者とせーので言い合うのが大好きです(笑)。で、意外とみんな同じチョイスだったりして「やっぱり嗜好が似ているなあ」としみじみ思ったりするのであります。

「インカント」はワインにもいろいろといいものがあると聞きますし、料理で迷い・ワインであれこれ考えと、そんなに楽しいことはありません。これはぜひ三度目のトライをせねば。

ではぼくも、イタリア郷土料理つながり、といいますか、ステキなイタリア料理店つながりで、「リストランテ・ラ・バリック・トウキョウ」を紹介します。まーここは、昨年秋のオープン以来相当話題になっており、そうなるのもさもありなんと確信するに足るぐらい、近々にでかけたイタリア料理店の中でも本当に心地よい店。

オーナー坂田さんのご実家をリニューアルした、玄関や欄間のある洋空間も興味深いし、美しいソムリエール(奥様?)に心トキメキます。そして、坂田さんがサービスの修業中に出会い、いつか一緒に店をやろうと誓い合ったというシェフの料理は、素材を見極めその本質を最大限に引き出す力に溢れて、「的を射た」と形容するにふさわしいドンピシャなテイスト。見た目や口にした瞬間はやさしさも感じるんだけど、食べていくうちにさまざまな角が現れて一皿に込められた創意と工夫が五感に染み渡ります。

で、もっともっと月替わりのイタリア郷土料理メニューのことやワインのことも書きたいんだけど、それは溢れかえるマスコミ情報を参考にして下さるとして、なんといっても「ラ・バリック」はオーナー兼ソムリエ坂田さんのお人柄に尽きるんですね。坂田さんは、ぼくの知っているだけで「ア・カーチェ」「ヴィーノ・デラ・バーチェ」「クローチェ・エ・デリツィア」「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」でサービスやソムリエの修業をされ、その後渡伊。戻って開業準備中に「オフィチーナ・ディ・エンリコ」のオープニングを手伝われたはず(ご本人に確認したわけではありませんが、私の記憶では)。そして、その時々でお目にかかったぼくのことも覚えていて、帰りがけによく声をかけてくださいました。

もしイタリア料理店に興味がおありの方なら、上記4店舗の名前を聞いただけで、これらの門を叩いた坂田さんは、本当にイタリア料理やワインの本質がお分かりで、逆に流行のトウキョウイタリアンとは対極の位置におられたことが理解できるでしょう(ただ、在籍された店がすべて存続しているわけではない事実は、イタリア料理ファンの一人として悲しい限りですが)。

坂田さんは、限りなく多くのイタリア料理ファンと出会い話し薫陶を受け切磋琢磨しつつ「ラ・バリック」をオープンされたわけで、そこにはもうブレや迷いはないはず。そして坂田さんが考えた「ラ・バリック」は、決してボナセーラ系「わてら陽気なイタリアン」ではなく、オシャレでもなく、煙たくなく、華美ですらない。日本人が一番リラクックスしてイタリア料理を楽しめるにはどうすればいいのか、「ラ・バリック」は、現時点での彼なりの結論なのだと思います。

席数も少ないし、ここはいずれ「アロマフレスカ」のようなプラチナシートの店になる可能性は十分にあります。ただ上記4店のようなイタリアンを愛した人たちのために席が用意されている店であればどんなにいいかなあと、密かに願うのですが。
posted by 伊藤章良 at 10:39| イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

さとなお:インカント(天現寺)

中国(および台湾)はホント、朝ご飯の宝庫ですね。
というか、朝ご飯を食べさせる店が多いということは、それだけ「朝ご飯を家では作らない」ということなのかもしれません。屋台でテイクアウトする人も多いし。日本とは元々の意識が違うのでしょう(これについてはよく調べてないので違うかもしれませんが)。

さて、どうしようかな。
じゃ、「何度も何度もメニューを目で追ってしまいます」つながりにしよう(笑)

天現寺のイタリアン「インカント」

この、去年オープンしたばかりのリストランテ、メニュー数が妙に豊富でメニュー決定までにものすごく時間がかかってしまいます。
もちろん中国料理店で数百の料理名がメニューに並ぶ店もありますが、イタリアンで、プリフィクスでこのメニュー数は立派ですね。しかもどれもおいしそう。その上「本日のオススメ」という一枚ペラもあって、そこにも30くらいの料理名が並びます。

つまり、前菜で30ほど。パスタで30ほど。メインで30ほど。本日のオススメで30ほど。おいしそうな料理名が並んでいるわけです。
これを6800円のコースで組み合わせていくわけですが、まぁ時間がかかることかかること(異様に楽しいからいいんですが)。選ぶまでに食前酒が二杯くらいいる上に、異様にお腹がすいてきます。メニュー選びで食欲増進。ある意味正しい姿です。

まぁでも、イタリアンにあまり詳しくない男性が女性をデートで連れて行った場合は多少大変かもしれません。メニュー選びの示唆を女性にしたくても、これだけあると全く想像もつかない料理もあるし、毎回サービス人に聞けないし(ふたりしかおらず忙しそう)。そこそこの経験値は必要な店ではあるかもです。

パスタは、メニュー選びの最中に、手打ち麺をディスプレイしてテーブルまで持ってきてくれます。
実際にパスタのカタチを見ながら改めてメニューを見ると、ほとんど決めていたのにまた迷いが生じます。幸せな焦燥。

散々迷って決定した料理ですが、どれもこれもなかなか良かったです。
特にパスタはよかったな。ちょっとメインが弱い気がしましたが、全体的にレベルが高く幸せ度も高い感じ。イタリア各地の郷土料理が多いですが、たまたまなのかどうなのか、スパイスをしっかり使っている印象が強かったですね。ワインもちゃんと考えて料理に合わせてくれ、満足のいくものでした(5〜8000円くらいが主要価格帯でした)。

郷土料理コースが売りらしく、8200円のコースは隔月変わりでイタリアの様々な地方料理を味わえます。数ヶ月おきに通えばイタリア各地方を制覇できる仕組み。
ワインも郷土スペシャルのコーナーがあったりして、イタリアに詳しい人はより深く楽しめるかも。

天現寺近く。明治通り沿いの「天現寺カフェ」の2階。
お洒落かつ意外と落ち着いていてなかなかいい雰囲気です。ワインセラーも客席から見えるようにディスプレイしてあっていい感じでした。
午前2時までやっているので、カウンターで一品、という使い方の人も見受けられました。今度は二軒目としてワインバー的にちょろっと食べに来てみよっと。
posted by さとなお at 18:15| イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする